独立するか迷ったら、副業から始めよう | アクシスコンサルティング株式会社

独立するか迷ったら、副業から始めよう

 

会社員として、仕事に取り組んでいる方であれば、一度は副業を検討したことがあるのではないでしょうか。

大企業の副業解禁も進み、コロナ禍でリモートワークをしている。
そんな状況の中、弊社でも多くの方から副業案件に関する問い合わせを頂いております。

副業を行う理由として、一般的には収入を増やしたい、本業ではできない経験を積みたいなど理由は多くあると思います。

加えて、独立を検討しているコンサルタントにとっては、副業を行うことが、本当に独立するのかを検討する上で役に立つことも多いと考えられます。

 

  1. フリーランスとして案件を受注する際の一連のプロセスを経験できる

副業を行うことで、エージェントの登録、エージェントとの面談、案件への書類提出、顔合わせ、契約の締結、プロジェクトへの参画、プロジェクトのデリバリー、プロジェクトの終了、引き継ぎ、契約完了といった、フリーランスとなった際に経験する、最初から最後までのプロセスを経験することができます。
副業という形であれば、稼働する時間はフルタイムで稼働している、フリーランスよりは短くなりますが、その点を除けば、フリーランスとしての案件の受注を疑似体験することができます。
こうした体験を踏まえて、本当に自分は独立してやっていきたいのかを、自分に問いただすことができます。

 

  1. 自分の市場価値を確認できる

独立する方のご支援を行う中で、多くの方が不安に感じられていることが、
自分が独立して安定的に案件を受注できるかという点になります。
実際に独立前に副業を行うことで、市場にどんな案件のニーズがあり、かつ自分のスキルとしてどのような案件であれば受注ができるのかその際の報酬はどの程度になるのかということが明確に確認できます。
副業であれば稼働できる時間が限られられるため、一概に独立した際と同じ条件というわけではありませんが、ある程度の目安にはなります。
副業で案件が受注できれば、フリーランスとして案件を探す場合も継続的に受注できる可能性が高いでしょう。(稼働できる時間が多くなるため、応募できる案件も増えるため)

 

  1. 保険を作った状態で独立できる

独立する際には、退職の時期に合わせて、フリーランスとして参画する案件を探すのが通常ですが、副業をしていれば、最低限副業の収入を確保した上で、現在所属している会社を退職することができます。
また案件によっては、副業としての関与から、フリーランスとしてフルタイムの関与に切り替えることも可能です。
(案件の状況と、自身のパフォーマンス次第ですが)
よって通常であれば、退職を決める→案件を探し始めるというプロセスを踏むところを、
副業案件を決める→案件状況などを鑑みて今後の関与率が上げられるかを相談→退職を決めるという順序ですすめることもできるようになります。
こうした形で進めることで、独立したのはいいが案件がないという状況を防ぐことができます。

 

以上、独立する際の第一歩として副業を活用することのついて書いてみました。
もし独立や副業に興味があれば、下記URLからご登録くださいませ。

https://www.free-consul.biz/inquiry